イタリア留学保険の概要

携行品保険(特約)

保険金をお支払いする場合

海外旅行行程中に携行品(カメラ、宝石、衣類、航空券、旅券、運転免許証など)が、 盗難・破損・火災などの偶然な事故にあって損害を受けたとき。

(注)携行品は、被保険者が所有かつ携行する身の回り品をいいますが、 現金・小切手・クレジットカード・コンタクトレンズ・定期券・現金自動支払機用カード・各種書類等は 含みません。
また、ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、スカイダイビング、ハンググライダー等 危険なスポーツ等を行っている間の当該スポーツ等の用具、 ウィンドサーフィン、スキューバーダイビング、サーフィン等のスポーツの用具や、 被保険者が携行していないもの(被保険者の居住施設内にあるものや別送中のもの等) も対象となりません。

お支払いする保険金

携行品1つ(1点・1組または1対)あたり10万円(乗車券・航空券等の場合は5万円)を限度として時価額 (同等の物を新たに購入するのに必要な金額から使用による消耗(減価)分を控除して算出した金額) または修繕費をお支払いします。
ただし、携行品保険金額をもって保険期間(保険のご契約期間)中の支払いの限度とします。

(注1)旅券については、旅券の再取得、渡航書の取得に要した 交通費、手数料、電信料、ホテル客室料を損害額とします。(5万円まで)

(注2)運転免許証については、国または都道府県に納付した再配給手数料を損害額とします。

保険金をお支払いできない主な場合

次のような原因により生じた携行品の損害に対しては、保険金をお支払いできません。

  • 携行品の瑕疵(かし)または自の然消耗
  • 携行品の置き忘れまたは紛失

なお、借りたり、預かったりした携行品の損害に対しても、保険金をお支払いできません。
ただし、賃貸業者から借りた旅行用品または生活用品に損害が生じ賃貸業者から賠償請求された場合は 上記賠償責任特約で保険金をお支払いすることができます。

●旅券などの携行品の紛失または置き忘れによる損害は お支払いの対象になりませんのでご注意ください。

イタリア留学保険は留学先での様々なトラブルをサポートいたします。(イラストをクリックすると説明ページへ移動します)

傷害事故サポート
病気のサポート
賠償事故サポート
救援者費用サポート
携行品被害のサポート
飛行機で荷物が送れた場合のサポート